『経営改善計画書』策定サポートのプロセス

アドバイザリー事業

keieikaizen.jpg

  • 上記「作業実施事項」「スケジュール」につきましては一般的な目安を記載しております。
  • 実際の実施内容、スケジュール等につきましては、会社様個々のご事情により異なります。
「透明性」「妥当性」「蓋然性」を確保した『経営改善計画書』策定の必要性について
  • 経営改善計画書は、収益構造と財務体質の改善により経営の安定化を図ることを目的とし、その内容が金融機関、主力取引先等のステークホルダーより理解をいただくことが必要となります。
  • つまり、経営状況・決算内容を監査法人・会計ファーム・業種専門コンサルタント等によるデュー・ディリジェンスを受けて「透明性」を確保したうえで、妥当かつ具体的な「数値目標」と「action plan」の検討・策定作業を行い、ステークホルダーより「実現可能性(蓋然性)」が高いと認められる内容にする必要があります。
  • 弊社は、会社様にとって実効性が高く、ステークホルダーからも理解がいただける経営改善計画の策定をサポートいたします。